恋参道



 恋参道は恋木神社の本殿へとハートの陶板が並び、導いてくれるハート道。
恋愛も一歩一歩、歩んで行くように、たくさんのご参拝者が願いを込めて歩んだ、いわば「恋の道」です。
今では、観光名所のひとつとして、たくさんの方々に親しまれている道です。
恋参道をはじめ、神殿内や神殿横のハート型は【水田焼】という陶板でデザインされています。
 水田焼はもともと太宰府天満宮及び水田天満宮の神具用の
焼き物として、天正年間(1578年)本田能登来往によって始められたものです。
 このハート型陶板は焼き上げるまでに高度な技術を要するため、製作に約1ヶ月程かかります。
ハート型の陶板は、恋木神社の用途以外には焼かない希少価値の高いものです。
筑後の名陶【水田焼】 恋愛の神様【恋木神社】の恋参道 筑後の名陶【水田焼】の陶板
恋参道
恋愛の神様【恋木神社】の神殿内 筑後の名陶【水田焼】の陶板
神殿内
恋愛の神様【恋木神社】の神殿横 筑後の名陶【水田焼】の陶板
神殿横(陶板)
恋愛の神様【恋木神社】の壺 筑後の名陶【水田焼】の陶板